身体などに障がいがあっても、一人で外出しやすい環境の向上を目指し、今後も取組みを進めてまいます。

NPO法人ゆうらんでは、心のバリアフリーを推進すべく、NPO法人NPO推進北海道会議(実施主体)と協働で、2007年から3年間、交通バリアフリーに関する取組みを行いました。(日本郵便年賀寄附金事業)

【2007年】「身体障がい者のバス利用状況改善のためのバス停周辺環境調査事業」
〔概要〕この事業では、札幌市内の3つの国公立病院を結ぶバス路線の停留所333箇所を調査。
—————————————————————————-
【2008年】「障がいのある方やのりばに迷われている方のための交通バリアフリーサポート事業」
〔概要〕2008年8月3日~12日の10日間、JR 札幌駅周辺において、主にバスの乗降介助や各交通機関ののりばに迷われている方などのサポートを“道内初実施”。(研修協力:NPO法人手と手
—————————————————————————-
【2009年】「身体に障がいがある方の自立生活を支援するために、公共交通機関を用いて外出を体験する講座の開催事業」
〔概要〕障がいがあっても気軽にお出かけしたい方とお出かけの介助をしてみたい方の“つなぐ場”を目的として実施。(研修協力:NPO法人手と手