さっそく第2湯

「乗って!浸かって!札沼泉」の記念すべき第2湯は「開拓ふくろふ乃湯」。
石狩月形駅から13:50発の石狩当別行の列車に揺られて南下。
実は、この日(水曜日)は夕方から「ふくろふ乃湯」さんで会議があったのですが、会議前に温泉に入るのも…と思い、一旦、石狩当別駅近くの「滝の湯」さんに行ってから戻って来ようかなぁと思っていたのですが、水曜日は「滝の湯」さんの定休日とのことで、会議場所の「ふくろふ乃湯」を目指すことに。
列車にはエアコンがないので窓が開くのですが、この窓からの風とJNR(旧国鉄)のロゴが入った扇風機からの風が、湯上りにとーーーーっても気持ちいいんです。(*’▽’)

石狩金沢駅までは乗車すること約25分。14:24に到着。(運賃:360円) ※札幌から740円。
線路を背にし森の方向に真っすぐ歩くこと約3分。
実は、スタンプラリーを行っている温泉の中で、一番駅から近いのもこちら。

扇風機

今では少なくなったJNR扇風機。

駅前通の様子

温泉は駅前通(?)の突き当りにあります。

これが噂の・・・

こじんまりとした佇まいながら、お湯の管理はもちろん、隅々まで目が行き届いているのは、幾多の温泉に浸かられた温泉ソムリエが経営されているからにほかなりません。
ウッディなお風呂場には、褐色のモール泉が注がれておりまして、ぬるめの露天風呂から眺める滝の流れは至福の極み。(写真を撮らなかったので、HPで見てね)

最近、若い女性が列車に揺られて来られているそうで、札沼線のことも廃止になるかもしれないということも知らないけど、札幌から近く、ふらっと来れるのが人気なようですよ。この日は、沖縄から家族連れもいらっしゃってたとか。

スタンプラリーの台紙。 完湯までの道のりはまだまだ先。。。

めんこい缶バッチ

そうそう、スタンプラリーに参加されて「ふくろふ乃湯」さんに入られると、参加賞として、めんこい缶バッチがもらえちゃいます!
スタンプラリーの台紙やポスターを描かれている「まうのすけ」先生のデザイン。
また、徒歩10分圏内には、天然酵母のパン屋さんやカフェがありますので、湯上りに散策するのもオツな感じが致します。

スタンプラリーの詳細はコチラ

缶バッチ

めんこい缶バッチ。札沼線を走る「402」のナンバーが。

〔Memo〕

【 JR 】
〔運賃〕札幌 → 石狩金沢 おとな740円 こども370円
〔本数〕石狩金沢方面行:石狩当別駅から1日8便/石狩当別行:石狩金沢駅から1日7便。
(札幌駅からの直通列車はありません)

【開拓ふくろふ乃湯】
〔泉質〕食塩成分を含むモール温泉
〔入湯料〕おとな650円(60歳以上550円) こども250円
〔営業時間〕平日12:00~21:00 土日祝日11:00~21:00 (いずれも最終受付20:30)
〔定休日〕毎週月・火曜日 (祝日の場合は翌日)

地図