12/20(日)、札幌市電の「西4丁目~狸小路~すすきの」間が開通し、循環運行がスタートしました!
札幌駅前通を市電が走るのは42年ぶり。
当時は道路の中央を走っていましたが、ループ化では上下線が離れて歩道寄りを走り、
新設の狸小路電停などでは、歩道からすぐに電車に乗れるようになりました。

電車は歩道寄りを走ります。(後部から撮影)

電車は歩道寄りを走ります。(後部から撮影)

さて、駅前通では、乗っている人も歩道を行く人も見慣れぬ光景に目をぱちくり。報道陣も沿道に多数おりました。
一方、交差点や電停では警備員が多数配置され、特に混乱はないようでしたが、やはり、新型車両(ポラリス)にはお客さんが集中するようで、降車に若干時間がかかっておりました。

横断歩道で信号待ちをしていると、こんな感じで電車と遭遇。

横断歩道で信号待ちをしていると、こんな感じで電車と遭遇。


便によっては、積み残しが出るほどの混雑した便もあったとのこと。

西4丁目交差点ですれ違う、内回り電車と外回り電車。

西4丁目交差点ですれ違う、内回り電車と外回り電車。

ところ変わって、すすきの電停の西方。中央の留置線は、貸切電車の乗降場になっています。

ところ変わって、すすきの電停の西方。中央の留置線は、貸切電車の乗降場になっています。

駅前通のホワイト・イルミネーションを見ながら、都心内を行き来できるようになりました。

駅前通ではこんな眺めも。

駅前通ではこんな眺めも。

歳末の買い物と重なってか、夕方のループ化区間は、なかなかの混み具合でした。
中には、折り返すと思って逆回りに乗っりてしまいそうな人も・・・。

クリスマス仕様の装飾が施された「コカ・コーラ」電車も運行中。

クリスマス仕様の装飾が施された「コカ・コーラ」電車も運行中。

雪ミク電車も

雪ミク電車も

運行中。

運行中。

今後の人の流れに注目ですが、これからループ化した市電をどう活かしていくのかも問われるのだと思います。

スポンサーリンク スポンサーリンク