フツーの路線バスなんですが、ドライブ気分に浸れる区間があったりします。
それは、札幌の母なる川「豊平川」の両岸を上り下り分離している道路「豊平川通」を経由する路線です。

所用で真駒内駅周辺から事務所まで戻る際に、ここを通るバスに乗ってみました。
地下鉄ですと、最寄駅は中島公園駅で290円(所要13分)、バスですと南11西1で210円(所要17分)。
安いからというわけではないのですが…。

真駒内駅

真駒内駅のシンボル「時計塔」をかすめて出発。

 

 

乗車したバスは、中央バス(101)空沼二股発札幌ターミナル行。
途中となる真駒内駅でも定時に発車。
真駒内公園真駒内セキスイハイムアイスアリーナを左手に都心を目指します。

 

 

 

 

 

 

真駒内本町を過ぎると、豊平川通へと入っていきます。

新藻岩橋の上

新藻岩橋を渡って、豊平川通(左岸線)へ。

 

 

この通りは、車を運転していても、高速道路のように思ってしまう作りで、緩やかなカーブは“クロソイド曲線”とやらで設計されているそうで、
制限速度の時速50km/hで走行すると、ハンドルを切らずとも自然に道路に沿って走れるんだとか。(やってみたことないけど・・・)

 

 

 

ミュンヘン大橋

ミュンヘン大橋付近から

 

 

豊平川唯一のPC斜張橋で造られているミュンヘン大橋

 

 

 

 

 

時刻表

豊平川通を経由するバスの時刻表。

 

この便のお客さんの数は、私を入れて8名。
というか、逆にこの区間を利用している人が、平日の日中にいるのだなと思った次第。
というのも、この区間は夏期限定で2系統各2往復、つまり合計4往復(8便)だけなのです。

 

さらに、上り下りが豊平川の両岸に分かれて走るので、この区間内での往復利用は大変かも…。
なので、豊平川通内での乗り降りは見受けられず、信号も少ないので、バスは一定の速度でスイスイ♪

 

 

 

幌平橋

幌平橋付近

 

幌平橋が見えてくると、ぼちぼち降車停留所「南11西1」です。

 

 

 

 

 

 

南11西1停留所

南11西1停留所

 

定時に到着。

後ほど調べてみると、停留所間の距離が約2.1kmもありました。(名古屋の基幹バスガイドウェイバス以上の間隔!)、
信号も少ないので遅れる要因が少ない、要するに乗用車と同じようにスムーズにバスが走れる環境といえます。

 

 

 

狼スープ

かなりうまいらしい「狼スープ」さん。

 

バス停から階段を下りてすぐのところにあるのが、「味噌らーめん専門店 狼スープ」ささん。かなりウマイらしいので、今度行ってみたいと思います。

 

 

 

 

 

ノロノロ走るイメージの強い路線バスですが、環境によってはスイスイ走って、高い車窓からドライブ気分を味わえます。

空沼二股行

右岸線を空沼二股に向かって走るバス

札幌ターミナル行

左岸線を札幌ターミナルに向けて走るバス。鮭の飾りと一緒。

スポンサーリンク スポンサーリンク