ニッカウヰスキーの工場見学でウィスキー作りを学んだら、今度はコミュニティ・レストラン「余市テラス」でお食事はいかがでしょうか?

余市テラスの外観

余市テラスの外観


余市駅からみるとニッカウヰスキーの反対側にあって生協の隣にあります。(線路は跨線橋を渡ると近いです)

店内の貼り紙

店内の貼り紙。うたごえ喫茶開催!

歌声喫茶などのイベントも行われていて、とっても楽しそう。

「ビビンバ」

彩麻やかな「ビビンバ」。混ぜるのがもったいない。

この日の日替わりランチメニュー(800円)は「ビビンバ」。
りんごのむき方が繊細ですよねー。お漬物も複数の種類が並んでいます。
(食後のコーヒーは1杯200円。ビターとソフトブレンドがあります)

こちらのお店は、7年前に札幌からUターンされたご夫婦が営業されていて、
田舎暮らしの本」(8月号)にも紹介されています。

また、建物はバリアフリー化されていて、宿泊(B&B(1宿1泊))することもできます。

☆「余市テラス」
http://comiresu-hokkaido.net/shop/8.html
余市町黒川町10丁目3-27
余市駅から跨線橋を渡って徒歩約5分

また、登地区にはNPO法人北海道エコビレッジ推進プロジェクトさんが中心となって建てられた「エコビレッジの学び舎」が完成しました。
本格稼働は来年からですが、どんな活動が展開されるのか楽しみですね。

☆「エコビレッジの学び舎」
http://ecovillage.greenwebs.net/aboutus.html
余市町登町1863番地
JR余市駅から、中央バス(赤井川線)「モンガク」下車徒歩約10分

この秋・冬、ぜひ余市に遊びに行ってみましょう。(つづく)

スポンサーリンク スポンサーリンク