普及が望まれている「ユニバーサルデザインタクシー」。(以下、UDタクシー)
普及の先進地のひとつとなっている横浜市には、UDタクシー専用待機レーンがあります。

ユニバーサルデザインタクシーの案内

ユニバーサルデザインタクシーの案内


場所は、横浜駅東口にあるタクシーのりば。
全国初の試みで、平成25年6月から運用が開始されました。

このユニバーサルデザインタクシー(以下、UDタクシー)とは、一定の基準を満たした車両を国が認定を行う制度で、認定された車両には「UDマーク」が表示されています。
主な特徴としては、
・広い車内空間
・スライドドアとステップを持つ乗降口
・車いす乗降口とスロープ
・大きな荷物を置くスペース
などがあげられます。

詳しくは、下記をご覧ください。
☆UDタクシー 国土交通省
http://wwwtb.mlit.go.jp/kanto/jidou_koutu/tabi2/ud-taxi/index.html

専用レーンで並ぶユニバーサルデザインタクシー

専用レーンで並ぶユニバーサルデザインタクシー


この日は5台が並んでおりましたが、ホームページによればUDタクシーは現在市内41社で導入されており、横浜市では市内を走る一般タクシーの5%にあたる240台を導入の当面の目標としているそうです。(横浜市では、車両購入費用の一部を助成されています)
また、神奈川県全体としてもUDタクシーの普及に力を入れています。

先日の「くらしの足をみんなで考える全国フォーラム2014」において、車両が大きいために「運賃が高いのではないか」と思われたり、1台しか待っていないと「普通のタクシーでも利用できる自分がUDタクシーを利用すると、本当にUDタクシーを利用したい人が利用できなくなるのではないかと思って利用できない」といった意見もお聞きしました。この辺については、台数が増えて定着していくまで時間がかかりそうですね。

詳しくは下記をご覧ください。
☆UDタクシー(タクシー事業者福祉車両)導入促進事業-横浜市
http://www.city.yokohama.lg.jp/kenko/shogai/gaishutsu/shien/ud.html
☆神奈川県タクシー協会
http://www.taxi-kanagawa.or.jp/

専用レーンで並ぶユニバーサルデザインタクシー(後方から)

専用レーンで並ぶユニバーサルデザインタクシー(後方から)

スポンサーリンク スポンサーリンク