しゃべーるの外観

しゃべーるの外観。すぐ前にバス停があります。

胆振東部に位置する厚真町(人口約4,700人)は、近年、サーファーが集う町、移住者を増やしている町としても脚光を浴びていますが、中心部に位置する「厚真町まちなか交流館しゃべーる」(指定管理者:NPO法人ゆうあいねっとあつまに寄ってみました。

「みなさんで、おしゃべりを楽しもう」という思いから付けられた愛称名だそうで、その名の通り、コミュニティ・カフェには多世代交流スペースが設けられ、町民のみなさんが制作された手工芸品などが展示されています。

卵かけごはん

「小林農園の卵かけごはん」をいただきました! ウマシ!


ランチには、就労継続支援事業所で製造されている大豆まるごと豆腐「雪ほたる」などを用いたメニューが並んでいます。

ご飯類には豆乳が付いているようですよ。

バス待合所

バス待合所。朝8:30から利用可能だそうです。


そして、ここは、町内や近隣の町を結ぶほとんどの路線が停まるあつまバス(バス停はその名もずばり「しゃべーる前」)の路線バスや、循環福祉バス「めぐるくん」の待合所としても利用できるようになっています。
待合所では、無料でお茶も飲めて、と~ってもキレイなお手洗いも利用できるので、寒い日も暑い日も快適に過ごすことができそうです。

公共交通に乗りたくなる・待ちたくなる環境って、とっても大事ですよね。^^

【厚真町まちなか交流館「しゃべーる」】
[営業時間] 10:00~18:00(バス待合所は8:30~)
[定 休 日] 水曜日(水曜日が祝日の場合、木曜日)