ポスター

「北陸新幹線」開業ポスター

3/14(土)、北陸新幹線の長野~金沢間(228.1km(営業キロ))が開業します。開業区間についてはさまざまなメディアで紹介されていますが、開業に伴って変わる北陸・北信濃路をちょっとご紹介していきます。

あいの風とやま鉄道

ファンクラブも立ち上がっている「あいの風とやま鉄道」

新幹線と平行する在来線区間のうち、JR西日本の金沢(石川県)~直江津(新潟県)間、及び、JR東日本の直江津~長野(長野県)は、それぞれ、IRいしかわ鉄道あいの風とやま鉄道えちごときめき鉄道の新しい第3セクターの鉄道会社と、同じく3セクのしなの鉄道に引き継がれます。
(来春開業の北海道新幹線も平行区間(五稜郭~木古内)は「道南いさりび鉄道」へ)
電光掲示板

「富山行」のサンダーバードもあとわずか。(大阪~金沢間に短縮)

大阪~富山方面を結んでいた伝統の特急「雷鳥」の流れを組む「サンダーバード」も大阪~金沢間の運転となり、金沢以北は新幹線の「つるぎ」(金沢~富山間のシャトルタイプ)、「はくたか」(各停タイプ)などにその座を譲ることになります。
ダイヤ改正により、福井~金沢間に特急「ダイナスター」、金沢~和倉温泉間に特急「能登かがり火」など、新しい列車も登場します。(車両はサンダーバードと同じですけど)
そのほか、詳しくはコチラ

列車名

北陸新幹線の列車名はタイプに応じて4種類。

北陸新幹線が停車する各駅では、開業に備えて着々と整備が行われていますが、注目すべきは終着の金沢駅もさることながら富山駅。
富山駅

JRと垂直に交わる富山地方鉄道(路面電車)の富山駅

以前から、JR富山港線のLRT化(富山ライトレール)や、富山地方鉄道の環状線復活など、公共交通を軸としたさまざまな取り組みを展開されていますが、写真の通り、富山駅直下に新たな電停が作られています。
富山駅側からの軌道の配置。

富山駅側からの軌道の配置。

新幹線開業に合わせて路面電車の「富山駅」乗り入れが始まり、JRの改札口を出ると路面電車にすぐ乗換えられることに! 
将来的に北側を走る富山ライトレールとの接続も行われる予定です。とっても、キトキトです。

駅前

駅正面はバスのりばに。わかりやすいですね。

また、駅正面の広場はバスのりばになり、路面電車と合わせてわかりやすい動線ができるのだと思います。

蜃気楼を見たり、ホタルいかを食べたり、したいです…。

【参考URL) 
☆富山駅周辺整備課からのご案内-富山市 (動画もあります)
http://www.city.toyama.toyama.jp/…/toyamaekishuhenseibi.html
☆路面電車推進室からのご案内-富山市
http://www.city.toyama.toyama.jp/…/romende…/romendensha.html

手作り感あふれる「おもてなしレポート」(富山駅にて)

手作り感あふれる「おもてなしレポート」(富山駅にて)

スポンサーリンク スポンサーリンク