当団体も実施主体として参画させていただいている「さっぽろサイクルラボ」(事務局:(一社)シーニックバイウェイ支援センター)で、9月下旬~10月上旬にかけて3回行ったモニターツアーを回ごとに分けてご紹介します。
ガイド養成の様子などはコチラ

第一弾は「ベロタクシーコース」

都心の観光スポットを結んだ約4kmを2時間程かけてのんびりおでかけします。

カラフルなベロタクシーが札幌駅前通に勢ぞろい

カラフルなベロタクシーが札幌駅前通に勢ぞろい

2人ずつ5台に分乗(合計10名)して、いざ出発。まずは東進。

私が乗車したベロのドライバーさんは、元ダンサーでDJという異色の経歴を持つ高島保さん(51)

CM「雪やこんこ・六花亭」のナレーションもされているというその心地よいお声で、
札幌のまちについてさりげな~くご紹介してくださいました。
(高島さんのお声は、HBCラジオ「BAN BAN RADIO」で聞くことができます)

このベロタクシーには、電動アシストが付いているとはいえ、交通量の多いと都心部を2人のお客を乗せてスイスイと漕ぎながら、
観光案内と会話のキャッチボール。もちろん、交通ルールは厳守。ある意味神業でございます。
最初に立ち寄ったのが、「旧永山武四郎邸」(北2東6)
重厚な建物に、参加者一同、しばし開拓期に思いを寄せます…。

徒歩にて、サッポロファクトリーを通り抜け、再びベロに乗車。
既に、ビールをグイグイ飲んでる酔客もいたり!?

今度は南下し、パワースポットのひとつ「北海道神宮頓宮」(南2東3)で参拝した後、「千歳鶴酒ミュージアム」(南3東5)へ。

酒ミュージアムの外観

酒ミュージアムの外観


またまたお酒であります。(笑)

が、おいしいお酒を作るためには、美味しいお水が必要なわけでして、“仕込み水”を飲むこともできます。

この後、再び頓宮を横目に、昭和8年創業の日本茶専門店「玉翆園」(南1東1)さんで一服。
(「リトルジュースバー」との選択制)

日本茶インストラクターを持つというイケメンの4代目が、玉露をはじめ、静岡など各地のお茶を淹れてくれました。(1杯200円)
抹茶ソフト(380円)もオススメとのこと。

ラストスパートは、夕闇迫る大友堀(創成川)を渡って、オータムフェストで賑わう大通公園へ!

すっかりベロベロコースになってしまった方もいたとかいなかったとか…。

ベロタクシーは、貸切運行なども行っております。
詳しくは、NPO法人エコ・モビリティ サッポロさんへどうぞ。

スポンサーリンク スポンサーリンク