先日、記念すべき第10回目の日本モビリティ・マネジメント会議が終了しました。

祈念すべき第10回jcommの立て看板

記念すべき第10回jcommの立て看板

特別セッション。北海道からは十勝バスの野村社長がご登壇。

特別セッション。北海道からは十勝バスの野村社長がご登壇。

各地からそうそうたる方々がご講演+パネリストとしてご登壇されたセッション。「JCOMM10周年記念特別セッション」ー「成功例」から読み解くMMー

個人的に「面白い!」と思った島根県松江市の事例

個人的に「面白い!」と思った島根県松江市の事例

使い切ったバスカードを協賛店に持って行くと特典がつくというもの。
協賛店は5万円分集めると、2社あるバス会社のうち1社の全車両に2週間車内広告が掲載されるんだそうです。

バスが行ったかどうかがわかる「あしあとランプ」

jcommデザイン賞。「あしあとランプ」。バスが行ったかどうかがわかります

お楽しみの「懇親会」の一コマ。

お楽しみの「懇親会」の一コマ。

2日目の口頭発表「鉄道・バスサービスの共創」では、JR西日本さんのスライドの1枚。
在来線の輸送収入がピークアウトしている点は知っていたけど印象的でした。>北海道ばかりじゃないんですよね・・・。

JR西日本の路線別収支。青は増加、赤は減少。やはり、中山間部の在来線が苦戦しています。

JR西日本の路線別収支。青は増加、赤は減少。やはり、中山間部の在来線が苦戦。

今年も登場。「交通おみくじ」。

今年も登場。「交通おみくじ」。


熱気むんむんのポスターセッション。(混雑回避で、開始前にのぞいてみました)

置かせていただいた「なまら便利なバスマップ」150部。ほとんどハケました。

置かせていただいた「なまら便利なバスマップ」150部。ほとんどハケました。

「なまら便利なバスマップ」の制作において、クラウドファンディングでご支援いただいてお名前と顔のわかる方には、直接お礼を申し上げることができました。
やはり、直接お礼が言えるのはいいですね。

参加されたみなさま、スタッフのみなさま、暑くて熱い2日間お疲れさまでした。
特に炎天下の中、会場案内をされていたスタッフのみなさま、お疲れさまでした!

スポンサーリンク スポンサーリンク