「なまら便利なバスマップ」の発行をスタートに、福祉・環境などの視点も交え「移動」に関わる調査・研究・情報発信を行っています

MENU

背景

いつも公共交通機関をご利用くださいまして誠にありがとうございます。
これからの時代、限られたエネルギーを大事に使っていくことが求められていると思いますが、ここでは公共交通がマイカーに比べて環境負荷の少ない乗り物であることをご紹介します。
(それぞれのグラフはクリックすると拡大できます)

■運輸部門におけるCO2排出量(全国)は、全排出量の17.4%を占めています。

運輸部門におけるCO2排出量2015年

運輸部門におけるCO2排出量2015年

運輸部門内訳2015年

運輸部門内訳2015年

■1人を1km運ぶのに排出する二酸化炭素の量をマイカーと電車・バスで比較

輸送量当たりの二酸化炭素の排出量(旅客)2015年

輸送量当たりの二酸化炭素の排出量(旅客)2015年

(出典:運輸部門における二酸化炭素排出量の推移(国土交通省ホームページ)より、当団体がグラフを作成)

札幌市における二酸化炭素(CO2)の排出量(2013年)
■運輸部門で20%と大きな割合を占めています。
輸部門におけるCO2排出量-市・2013_1

■運輸部門のうち、乗用車が6割以上を占めています。
運輸部門におけるCO2排出量-市・2013_2

CO2をはじめとする温室効果ガスの削減は人類の急務な課題ですが、不要不急のクルマの利用を控え、バス・地下鉄などの「公共交通機関」や、「自転車」、「徒歩」など、環境にやさしいモビリティ(移動)を選択することも、身近にできる環境負荷低減の取組みのひとつです。

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
  • facebook
  • twitter



PAGETOP
Copyright © NPO法人ゆうらん All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.