現在、二酸化炭素(CO2)をはじめとする温室効果ガスを削減する「低炭素社会」が求められています。
環境と交通に関して、その「背景」や対応策となる「モビリティ・マネジメント」、各交通事業者の取組みを「車両・施設等」に掲載しています。